【完読】星の王子様

1番印象的だったの、

あのヒトくさい花を最後まで気にかけていたこと。

不毛なヒトの欲望や心理に確かな疑問を持ちながら、

あの花のもとに帰って行ったこと。

 

 

あとがきから読み取れる歴史的背景を持ってしても、ヒトとして生きた作者のヒトへの愛を感じた。